フェルデンクライスメソッド【2月22日のレッスン】

今日のレッスンも
仰向けになったところからスタート。
(いすに座ったり、例えば目だけのレッスンとかも
あるそうですが、私は仰向けのレッスンしか受けたことないです^^)


右腕・右手を投げ出した状態で
手首だけ軽く持ち上げたり、おろしたり。
この動きが手首ではなく二の腕の筋肉で行われてることに気づきながら
繰り返していく。


だんだん動きを大きくしていき
手首→手の甲→ひじ、、、と、
順番に床から離していき、
右親指が唇に触れるまでになっていく。


これがこのレッスンの面白いところで、
いきなり右手を口元まで持っていくことでは
感じることが難しい不思議な感覚につつまれる。


単に腕を持ち上げ曲げていくことを
こんなにも繊細に感じ続けることができるのか。。


この動きに参加している筋肉を感じることで
かえって不要な力は抜けていき、
動きの質がどんどんシンプルになっていく。


腕を持ち上げ、曲げ、伸ばしていくという動きが
ひざの動きとも連動し、
最終的には骨盤を中心につながり、
自然に、より大胆な動きをつくり
自分の身体イメージはますます拡大していく。


ゆったりと解けて大きく広がっていく感覚。。。


自分の動きを「知る」ということが、
こんなにも自分を豊かにしていくことに驚きます。
知性と感性って一見相反する??
って感じもしますが、両立可能だなーと。


レッスン終了後は、やわらかくって、でも芯のある
身体の手ごたえが、本当に心地よいです。


クラスの詳細は→コチラ


ゆったりとしたメソッドのため、お子さんが退屈することを考慮し
お子様連れは不可としていますが、ご興味のある方は
メッセージください^^

ご予約・お問合せ→コチラ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。