フェルデンクライスメソッドとは

フェルデンクライス・メソッドとは。

モーシェ・フェルデンクライス氏(1904〜1984)が開発した身体訓練法です

物理学者であり、かつ、柔道ではヨーロッパの黒帯第1号を取得したほどの
有名なスポーツ愛好家であった フェルデンクライス氏が

サッカーで膝を故障し、軍の仕事でさらに悪化させてしまいます。

永遠に固定するしか当時の医学では道がないと医者に宣告され、
独学で解剖学・生理学・神経生理学・心理学・物理学などを学び、

また初期の柔道といった古い知恵を参考にしながら、自分で身体を少しずつ動かして
それが脳神経や筋肉感覚に及ぼす影響を観察し続け、

どう動かしたら痛むのか、あれこれ実践していくうちに手術をすることもなく
治してしまいました。
これが「フェルデンクライス・メソッド」の始まりです。

特に赤ちゃんの成長の過程や神経系の発達に着目し、
身体の動きを通じて私たちの能力を引き出し高める
学習方法です。

楽で小さな動きの中で、
身体意識と気づきの能力を高めます。

フェルデンクライス氏が暮らしたイスラエルをはじめ欧米諸国で広くいきわたり
痛みの軽減や筋肉のトラブルなどのリハビリ、果ては神経系の病まで多様に
用いられてきました。

また、体を楽に使えるようになることから、ダンサーやスポーツ選手、役者など
よりよい動きを求める人たちも多く取り組んでます。


【女性のためのフェルデンクライスメソッド】
(マタニティ・フェルデンクライスメソッド)では

レッスンで学んだことを日常に活かし
女性本来のしなやかさ、美しさ、力強さを発揮していくための
お手伝いをさせていただければと思っています。



【レッスンのながれ(特徴)】

◎床に横たわり、今の身体の状態をチェックします。

◎プラクティショナーと呼ばれるインストラクターの
言葉による動きの誘導によって、 身体を動かし・イメージし・注意を向けていきます。
お手本はありませんし、正解を求められることも、他人の動きと比べることもありません。

あくまでも自分の感覚にしたがって、言われるがままに自分で動かします。
しかも、ごくごく軽く小さな丁寧な動きで。

まるで、ごく微量だからこそ違いがわかる利き酒や味見をするように
自分の体の動きの特徴や癖を味わっていきます。

動きにくさや左右の違いなども、直そうとするのではなく
そのまま味わいます。

今の自分を感じることで、変化していく方向が自ずと生まれていきます。
頭で考えるのではなく、身体に教えてもらう。。。

◎床に横たわり今の身体の状態をチェックしてから、自分のペースで立ち上がります。
 少し部屋の中を歩いて、動いている時の状態を確認しながら日常の状態に戻ります。

--------------------------------------------------------------------

レッスンは数千種類あるといわれ、すべてをやる必要は全くありません。
気持ちのよさに途中で眠ってしまう場合もありますが、それでも効果が感じられます。

表面的にはリラックス&エクササイズと云った感じですが、
むしろ自分自身や動きを探検して、新しい発見
(身のこなし、より正確な骨格の位置関係、コントロールすることと手放すこと等)や
より深いリラックスができるように組み立てられたレッスンです。

以上、今回行うATM(動きを通しての気づき)についての説明ですが、
個人に対して行うFI(機能的統合の施術)というものもあり、
こちらは、プラクティショナーが介添えする場合が多く、触られていることで
意識する箇所がより明確になります。

いずれにしても
正しい/よりよい何かを指導する(矯正する)という考え方ではなく、
行動の選択肢を豊かにすることで、自らの気づきを促していきます。

そんな、フェルデンクライス・メソッドを是非みなさんに知っていただきたく


【フェルデンクライスメソッドATM】のクラスを開いています(講師:【そまてっく】若狭利男先生)

クラスについて詳細は→コチラ


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


女性のためのフェルデンクライスメソッド
(マタニティ・フェルデンクライスメソッド)


フェルデンクライスメソッドで身体に何が起きるのか

妊娠中にフェルデンクライスメソッドをおすすめする理由

フェルデンクライスメソッドを受けるときの服装について

フェルデンクライスメソッド予定表

会場への交通・行きかた

ご予約・お問合わせ

ホーム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。